cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

プロポーザルミーティングTOPに戻る
あなたのご意見を
お聞かせください!
あなたは各研究室のプランを見て、どのように感じましたか?ぜひ研究に参加して、ご意見をお聞かせください!
※2007年のコメント受付は終了いたしました。たくさんのご意見をいただき、まことにありがとうございました!
1.5階×東京大学難波研究室「がらんどうプラン」
いつまでも暮らせる住宅とはどの様な住宅でしょうか?

15年、30年という時間が経つと、家族の生活や住環境は大きく変化していきます。
その変化をさまざまな側面から検討し、ほんの少しの操作で対応できる住宅を作りたいと考えました。

僕たちは、大きな空間と東西に走る4本の補助線を考えました。

高さ4.2mのがらんとした空間では、広々とした生活ができます。

また補助線をたよりにしながら、生活に応じて間仕切りやカーテンをかけたり、
2階の床を増やしたりします。

一つながりという関係は保たれますが、そのつながり方が変化していきます。

この家で若い夫婦と2人の子供の暮らしが始まります。
俯瞰+ダイアグラム
大きな空間と東西に走る4本の補助線を考えました。
マトリクス
15年、30年という時間が経つと、家族の生活や住環境は大きく変化していきます。その変化をさまざまな側面から検討しました。

入居から30年間の家族の変遷

詳しく見たい部分をクリックして下さい
CLICK! CLICK! CLICK!
ページの上部に戻る