性別による比較
男性からは、首都大学東京小泉研究室「みるふぃーゆの家」が、
女性からは、東京大学難波研究室「がらんどうプラン」が、高めの評価を得ています。
傾向として、男性には「距離感が上手に演出された空間作り」、
女性には「自由度が高く生活を制限しない発想」が評価されているようです。
分析方法について
男性(84件/126件)

女性(42件/126件)

寄せられたコメントのご紹介(抜粋)
■「みるふぃーゆの家」の家族間の距離の取り方がしっくりきた。(男性)

■みるふぃーゆの距離感がすき。(男性)

■「SI×3」はそれぞれの年代におけるコンセプトがはっきりしており、
 特定状況下の人の為の、特別なプランとしてみると面白いです。(男性)

■がらんどうは、どんな生き方をしてもよい自由度があると思います。
 空間をどう使うかということから、逆に生き方を創造できる場合もあると思います。(女性)

■がらんどうプランは、時間の経過による家族の変化を一番自然に受け入れている案だと思う。(女性)

■「パムッカレ」は大リフォームなしで様々なライフスタイルに適合し、
 1.5層空間もよく活かされており良い提案だと感じました。(女性)

ウィンドウを閉じる