cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう1.5階の家
ココラボ最新テーマ
このブログに関する
コメントをお寄せください!
あなたも、ぜひ研究に参加してください。研究へのご感想やご意見、アイデアなどをお聞かせください。
<< November,2007 >>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
≪第3回「1.5階×家族の記憶」≫
8月 4日  森田悠詩   第3回「1.5階×家族の記憶」 
引き出しの中のもの

0804blog.jpg

こんにちは、森田です。製図室では明日のワークショップの準備が着々と進んでいます!
大量の机を運んで鍛えたはずの腕もぷるぷるしています。

8月のココラボは家の中のヒトとモノについて3つの提案をしていきたいと思います。実際に住むことを考えたとき、「収納量」は大切なポイントになりますよね。
しかし、今回は「収納量」というよりも「収納力」という意味で収納の可能性を考えて行きたいと思っています。つまり、収納が生活空間とライフスタイルをどう変えるか、ということです。

前回ブログでもかかれていますが、家の中にある様々なモノ、その一つ一つに思い出や時間が刻まれています。時間とともに愛着がわいてしまうモノもありますよね。ぼくも小学校6年間使い通した筆箱がありました。それはもう使えないくらいぼろぼろになってしまったのですが今も引き出しの中で眠っていて、たまに眺めては懐かしい思いに浸ることもあります。

もちろん収納には一時的に片づけなければならない時にも必要ですが、家族全員の記憶または家族それぞれの思い出を持ったモノたちを保管するための収納も必要です。
家の中でのヒトとモノの幸せな共存がもっと楽しい生活を作り出すのではないでしょうか

第1案はすでにアップされています!あなたならどのように収納とつきあってみますか?

8月 3日  舟久保研究員   第3回「1.5階×家族の記憶」 
第2回テーマ 「1.5階×家族の記憶」が始まります!

みなさん こんにちは。
本日、第3回テーマ 「1.5階×家族の記憶」がサイトにUPされました!

前回は、子供のと空間の関係について検証してきました。
今回は、「家族の記憶」をキーワードに
」と「モノ」の関係からできる空間について提案・検証していきます。

モノ(収納)と、そこで生活する人の関係をじっくり考えていくと、
1.5階の家は、どんな姿を見せてくれるのでしょうか。

本日、早速 A案「壁収納プラン」が発表されています!

皆さんも、ぜひココラボに参加して、
ドシドシご意見・ご感想をお寄せください!

ブログメンバー
舟久保研究員
コスモスイニシア
舟久保研究員
「腰周りが順調に増え、スーツがどんどんきつくなってます。。。」
プロフィールを見る
池田 健太郎
池田 健太郎
「好きなお茶は杜仲茶、好きな緑はオリーブグリーンです。」
プロフィールを見る
寺崎 雅彦
寺崎 雅彦
「今回の提案は約80㎡ですが、現在自分の家は17㎡しかありません。」
プロフィールを見る
アン・トゥー
アン・トゥー
「日本で多くのことを学び、ベトナムに持ち帰りたいです。」
プロフィールを見る
西島 光輔
西島 光輔
「9月からポルトガルに留学します。日本の家とポルトガルの家って全然違うんですよ。」
プロフィールを見る
服部 一晃
服部 一晃
「今年の末からパリで勉強を始めます。日本食が恋しくなりそうです。」
プロフィールを見る
森田 悠詩
森田 悠詩
「ホットはスタバ、アイスはドトール派です。」
プロフィールを見る
ユ・ファンシー
ユ・ファンシー
「背が低いのですが、バスケットボールが好きです。」
プロフィールを見る
←| 1 | 2 | 3