cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう1.5階の家
ココラボ最新テーマ
このブログに関する
コメントをお寄せください!
あなたも、ぜひ研究に参加してください。研究へのご感想やご意見、アイデアなどをお聞かせください。
<< November,2007 >>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
≪舟久保研究員≫
8月 2日  舟久保研究員   第2回「1.5階×子供」 
いよいよ 明日から 第3回テーマがはじまります!

皆さん、第2回テーマ「1.5階×子供」へのご意見、ありがとうございました!

子供」と「」という重要なテーマ設定のもと、
1.5階の家を、いかに楽しく作ることができるかを見てきました。
皆さんには、「子供」の育つ環境に対する 積極的なご意見を多数いただき、
本当にうれしく思っています。
皆さんからのご意見・ご感想の一つ一つが、今後の住宅のあり方を模索するための
大きなヒントになっています。

明日からは、いよいよ研究の中盤戦 第3回テーマがスタートします
どしどし ご意見、ご感想をお寄せくださいね!

それでは、第3回テーマUPをお楽しみに!

コメント(0)│コメントを書く
7月30日  舟久保研究員   第2回「1.5階×子供」 
アンケートの集計結果を発表します!

皆さん、第2回テーマ「1.5階×子供」へのたくさんのご意見・ご感想、本当にありがとうございました!
今回は、子供を切り口として、目線の変化や居場所をいかに形成できるかを3つの案で考えてきました。
今日はいただいたアンケートの集計結果をまとめたいと思います。

A案「やぐらプラン」、B案「ブリッジプラン」については、30%の方に「興味がある」という評価をいただきました。その一方で、「ちょっと不安、自信が無い・・・」という評価も15%ずつ程度いただいています。A、B案における良い評価として、「子供が生き生きと生活している姿が想像できる」、というものがありました。逆に心配な点として、「成長に対応できない(高さ・プライバシー)」、「上から物が落ちてきたときに危ない」、といったものがありました。今後、子供の空間のスタディを通して考えるべきこととして、「子供の成長に対する回答を持ったプランニング」、「低い段差の効果的な空間配置」が必要になってくると考えられます。

C案「ロフトプラン」は、なんと50%の方から「住んでみたい!」という評価をいただきました。A、B案に比べ、空間の整理が明快にできていたこと子供の人数に対応できる可能性を持った可動システムが提案されていたことが評価されたようです。

また、前回「1.5階×階段」では、男性の参加率のほうが高かったのですが、今回「1.5階×子供」では、男性:約45%女性:約55%と、少しだけ女性の参加率が高かったです。「子供」と「」というテーマを考えるときに、女性のほうが問題意識・興味が高いのか、非常に面白い結果です。

年齢については、30代の方々が約50%を占めています。まさに子育てに奮闘中の方々から多くのご意見をいただきました。ありがとうございました。

家族構成については、非常に幅広い範囲でご意見をいただくことができました。

1.5階の研究も第2回までが終了しました。これからいよいよ中盤戦となってきます。更に1.5階の空間を細かく見ていきたいと思います。
これからも、どしどし ご意見をお寄せいただければと思います!!

コメント(0)│コメントを書く
7月 6日  舟久保研究員   第2回「1.5階×子供」 
いよいよ 第2回テーマ 「1.5階×子供」が始まります!

みなさん こんにちは。
本日、第2回テーマ 「1.5階×子供」がサイトにUPされました!

前回は、1.5階の家の 階段・段差 による空間について検証してきました。
今回は、「子供」をキーワードに
高低差による視線の変化や子供の居場所について
研究をしていきたいと思います。

子供」の視点から見ると、
1.5階の家は、どんな展開を見せてくれるのでしょうか。

本日、早速 A案「やぐらプラン」が発表されています!

皆さんも、ぜひココラボに参加して、
ドシドシご意見・ご感想をお寄せください!

コメント(0)│コメントを書く
7月 4日  舟久保研究員   第1回「1.5階×階段」 
いよいよ 金曜日から 第2回テーマがはじまります!

みなさん、
第1回テーマ「1.5階×階段」へのご意見、ありがとうございました!

さまざまなご意見をいただき、いろんな気付きがありました。
今後の提案に 積極的に盛り込んでいきたいと思います!

そして、
いよいよ7/6(金)より、第2回テーマがはじまります!
テーマは「子供」。1.5階の家だからこそ考えられる子供の居場所、目線が変化することによる空間体験の変化など、そんな視点で空間を提案していきたいと思います。

それでは7/6(金)、第2回テーマUPをお楽しみに!
皆さんのご意見・ご感想、お待ちしています!

7月 2日  舟久保研究員   第1回「1.5階×階段」 
アンケートの集計結果を発表します!

皆さん、第1回テーマ「1.5階×階段」へのたくさんのご意見・ご感想、本当にありがとうございました!
段差によってできる様々な性格の空間について、3つの案を提示しながら考察をしてきましたが、本当にたくさんのご意見・ご感想をいただきました。
今日はいただいたアンケートの集計結果について振り返ってみようと思います。

A案「ひな壇プラン」、C案「踊り場プラン」については、70%以上の方が「興味がある・もしくは住んでみたい」という結果となりました。1.5階の有効な使い方、現在あるマンションではなかなか見られない大空間の実現という点で、多くの方の共感を受けたようです。

対照的に、B案「広場プラン」は「住みたい!」という評価と「自信がない・・・」という評価と 2つに割れました。
肯定的な意見として、「回遊空間にさまざまな空間の可能性がある」、「子どもが喜びそう・危険回避能力が育つ」、「リビングを中心に自分の距離を保って家族同士がふれあえる」といったものがありました。否定的意見として、「回遊空間が子どものための空間にしかなりえない」、「通路的がせまく、危険を感じる」、「リビングの見られる感覚が落ち着かない」といったものが挙げられています。
これを見ると良い点、悪い点というのが、同じ要素に対し評価されていることに気づきます。非常に興味深い結果です。今後のアプローチとして、評価されている要素を更に改良し、不安視されている点をできるだけ緩和してあげることが、非常に重要だと感じました。

また、アンケートでは、ご参加いただいた方々の年齢、性別、家族構成についてもお聞きしています。

性別については、男性:約60%、女性:約40%と少しだけ男性の参加率が高かったです。

年齢については、20代・30代に方々が約80%を占めています。今後、40代以上の方々にも現実の生活からのご意見を積極的にいただければうれしいです。

家族構成については、1人、2人で住まわれている方からのご意見が多く見られました。実際にお子様や祖父母の方々と暮らしている方からも貴重なご意見をいただきました。

COCOLABOは皆さんのご意見をいただきながら、より良いプランを模索していく研究です。
これからも、是非、どしどし ご意見をお寄せいただければと思います!!

ブログメンバー
舟久保研究員
コスモスイニシア
舟久保研究員
「腰周りが順調に増え、スーツがどんどんきつくなってます。。。」
プロフィールを見る
池田 健太郎
池田 健太郎
「好きなお茶は杜仲茶、好きな緑はオリーブグリーンです。」
プロフィールを見る
寺崎 雅彦
寺崎 雅彦
「今回の提案は約80㎡ですが、現在自分の家は17㎡しかありません。」
プロフィールを見る
アン・トゥー
アン・トゥー
「日本で多くのことを学び、ベトナムに持ち帰りたいです。」
プロフィールを見る
西島 光輔
西島 光輔
「9月からポルトガルに留学します。日本の家とポルトガルの家って全然違うんですよ。」
プロフィールを見る
服部 一晃
服部 一晃
「今年の末からパリで勉強を始めます。日本食が恋しくなりそうです。」
プロフィールを見る
森田 悠詩
森田 悠詩
「ホットはスタバ、アイスはドトール派です。」
プロフィールを見る
ユ・ファンシー
ユ・ファンシー
「背が低いのですが、バスケットボールが好きです。」
プロフィールを見る
←| 1 | 2 | 3 | 4 |→