cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう1.5階の家
ココラボ最新テーマ
このブログに関する
コメントをお寄せください!
あなたも、ぜひ研究に参加してください。研究へのご感想やご意見、アイデアなどをお聞かせください。
<< November,2007 >>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
≪舟久保研究員≫
11月15日  舟久保研究員   第5回「開かれた家(1.5階の集合住宅)」 
みなさんありがとうございました

みなさんこんにちは。ココラボ研究員の舟久保です。

ココラボ2007 1.5階の家のブログは、本日を持ちまして終了となります。
今まで参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました!!

東京大学 難波研究室による一連の研究は終了しますが、
現在、ココラボ2007では、秋のイベント、『プロポーザルミーティング』を開催中です!

このイベントでは 『1.5階×家族×20年』をテーマに
4つの大学研究室に、住み続けられる1.5階の家の提案をいただいています。
もちろん、難波研究室の皆さんにも参加いただいています!

ぜひ、『プロポーザルミーティング』HPにアクセスしていただき4つの提案をご覧ください。参加研究室 それぞれが、オリジナリティにあふれた1.5階の家を展開しています!
皆様からのたくさんのご意見をお待ちしています!!

コメント(0)│コメントを書く
10月29日  舟久保研究員   第5回「開かれた家(1.5階の集合住宅)」 
アンケートの集計結果を発表します!!

皆さん、第5回テーマ「開かれた家(1.5階の集合住宅)」へのたくさんのご意見・ご感想、本当にありがとうございました!
第5回は、研究の最終回。今までの提案を振り返り、実際に集合住宅を計画しました!これまで提案してきた 様々な1.5階の家が積層した姿はいかがでしたでしょうか?1.5階の家は、建物が斜めに削られていく部分や最上階、地上階に設置されるのが一般的ですが、今回はあえて 全ての住戸を1.5階とする建物を提案しました。そのため、これまでの集合住宅とは一線を画す建物の形が出現したと思います。そんな中、今回は男性からのご意見が約90%を占めました!大きな計画の話になると、男性のほうが圧倒的に盛り上がるようです。ここまで分かりやすく結果が出るとは、なかなか面白い現象です。。。

まとめ1では、これまでのプランを体系的に分類し、説明しました。たくさんの方々から「1.5階の家がわかりやすくなった!」と、共感をいただきました。「0.75階+0.75階」、「1+0.5階」、「0.5+1階」の分類が、設計を考える上での前提になるということを認識できました!

まとめ2・まとめ3では、これまでのプランの集大成として、1.5階の家による集合住宅を提案しました。こちらも、「透明感があり、これまでのマンションに比べるときれいな建物に見える。」「思ったより現実性がありそう」等、約70%の方たちから建物の可能性への共感をいただきました。ありがとうございました。
一方で、いただいた意見に、「玄関の高さ位置が異なる住戸からできる、ファサードの裏側の提案がほしかった。」「実用化を考えたときに、バリアフリーの観点や、生活音を考えた上での住戸同士の関係」といったものがありました。様々な住戸が隣接する集合住宅の場合、必ず考えなければならない問題が浮き彫りになったと言えます。実現可能な1.5階の家による集合住宅のためには、そのような問題をクリアしていくことことが重要だと思います!

ココラボ2007も、ついに最終回です。次回のブログからは、これまで研究に参加してきた、研究室のメンバーたちより、今までこの研究を見ていただいた方たちへ最後のご挨拶をさせていただきます!
研究へのコメントは、第1回から第5回まで、まだまだ受付中です!!ぜひこれからも皆さんのご意見をいただければと思います!よろしくお願いします!!

コメント(0)│コメントを書く
10月 5日  舟久保研究員   第5回「開かれた家(1.5階の集合住宅)」 
第5回テーマ 「開かれた家(1.5階の集合住宅)」が始まります!

みなさん こんにちは。
本日、第5回テーマ 「開かれた家(1.5階の集合住宅)」がサイトにUPされました!

いよいよ、研究も最終ステージ、
今回は、今までの提案を振り返り、1.5階の家の良さをまとめていきます。
皆さんからいただいたご意見を踏まえながら
1.5階のより良い作り方を研究した成果を是非ご覧ください!

また、1.5階の家を集合させてマンションを計画するとどのようなものになるか、
それについてもお見せしたいと思います!

本日、早速 まとめ1として「1.5階のおさらい」が発表されています!
ぜひ ご意見・ご感想をお寄せください!

コメント(0)│コメントを書く
10月 4日  舟久保研究員   第4回「1.5階の展開」 
いよいよ 明日から 第5回テーマがはじまります!

皆さん、第4回テーマ「1.5階の展開」へのご意見、ありがとうございました!

1.5階の家」と「」の関係というテーマ設定のもと、
空間の多様なバリエーションを見てきました。
1.5階の空間が外部条件によって、これまでとはまた異なった展開を見せたこと、
また、空間構成の更なる可能性が展開されたことが
大きな成果でした。

また、全ての案に、皆さんから積極的にご意見をいただきました。
本当にありがとうございます!

明日からは、いよいよ最終回・第5回テーマがスタートします!
どしどし ご意見、ご感想をお寄せくださいね!

それでは、第5回テーマUPをお楽しみに!

コメント(0)│コメントを書く
10月 1日  舟久保研究員   第4回「1.5階の展開」 
アンケートの集計結果を発表します!!

皆さん、第4回テーマ「1.5階の展開」へのたくさんのご意見・ご感想、本当にありがとうございました!
今回は、マンションの特殊な条件下に置かれた1.5階の家にて、どのような良さを発見できるかということについて見てきました。今日はいただいたアンケートの集計結果をまとめたいと思います。

これまでの、天井高さが高くなっただけの空間とは違い、今回は、外との関係が非常に重要なファクターになってきます。その中で、第4回では、『地上階の1.5階の家』、『角部屋の1.5階の家』、『南玄関の1.5階の家』という3つの特殊な住戸を考えました。

そして、今回の結果ですが、かなり皆様からのご意見が『割れた』形になりました!
A案 SOHOプランは70%の方から好意的な評価をいただきましたが、30%の方は『ちょっと不安』とのコメントをされました。「リビングが半階下がっているので、外から見下ろされることになるとどうも。。。」、「SOHOとして使わないときにの住まいとしての使い方が考えづらい」といったことが要因となりました。ただし、「単純で空間が広く感じられ気持ちよさそう」という意見も有り、なるべくリビング側が人からのぞかれないような外部の造りこみをすることで、すごく気持ちの良い住居になると思います。

B案・C案については、『分からない』という評価が多く見られました。
B案については「1.5階の良さの表現が薄い」、「斜めというのはいざ住もうと思うと不安がある」というご意見がありました。ただ、「家具配置は難しいが、のびのびとした大開口と壁が面白い」というご意見もあり、壁の長さとダイナミックな開口部を残しながら、造作家具によるコンパクトな収納計画・0.5階分の空間を利用した段差による効果的な空間の分節が更に突き詰めるべきポイントだと考えました。
また、C案については「南側に入り口を持ってくるメリットが良く分からない」「庭があまり魅力的でない」というご意見がありました。その一方で「マンション生活で庭がもてたら嬉しい!」というご感想もいただきました。南玄関と庭の関係性を更にブラッシュアップすることで、より良い住戸になっていくと思います。

今回は、男性約40%、女性約60%の参加率となりました。特殊な住戸の設計だと、女性のほうが興味をもたれるのでしょうか。。??なかなか面白い結果です。

年齢については20代、30代、40代の方から、それぞれ同じ割合でご意見をいただいています。現実的な視点を盛り込んだご意見も多くいただいており、非常にありがたく思っています。

ココラボ2007も第4回までが終了になります。次回は第5回、研究のまとめとなります!ぜひご期待ください!これからも、どしどし ご意見をお寄せいただければと思います!!

コメント(0)│コメントを書く
ブログメンバー
舟久保研究員
コスモスイニシア
舟久保研究員
「腰周りが順調に増え、スーツがどんどんきつくなってます。。。」
プロフィールを見る
池田 健太郎
池田 健太郎
「好きなお茶は杜仲茶、好きな緑はオリーブグリーンです。」
プロフィールを見る
寺崎 雅彦
寺崎 雅彦
「今回の提案は約80㎡ですが、現在自分の家は17㎡しかありません。」
プロフィールを見る
アン・トゥー
アン・トゥー
「日本で多くのことを学び、ベトナムに持ち帰りたいです。」
プロフィールを見る
西島 光輔
西島 光輔
「9月からポルトガルに留学します。日本の家とポルトガルの家って全然違うんですよ。」
プロフィールを見る
服部 一晃
服部 一晃
「今年の末からパリで勉強を始めます。日本食が恋しくなりそうです。」
プロフィールを見る
森田 悠詩
森田 悠詩
「ホットはスタバ、アイスはドトール派です。」
プロフィールを見る
ユ・ファンシー
ユ・ファンシー
「背が低いのですが、バスケットボールが好きです。」
プロフィールを見る
1 | 2 | 3 | 4 |→