cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう1.5階の家
ココラボ最新テーマ
このブログに関する
コメントをお寄せください!
あなたも、ぜひ研究に参加してください。研究へのご感想やご意見、アイデアなどをお聞かせください。
<< November,2007
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
11月 9日  ユ・ファンシー All   第5回「開かれた家(1.5階の集合住宅)」 
日本の住まい

みなさん こんにちは、ユです。

みなさんの積極的な参加や、ご意見に本当に感謝しています。おかげさまで研究を順調に進めることができました。そして、みなさんや研究室のメンバーと一緒に考える中で、私も多くの知識を得ることができました。

 今回のココラボのテーマは“1.5階”ですが、面積が広くないし、人口も多い日本には意義のあるものです。“1.5階”という前提は空間を節約するためでした。より多くの人がすこし大きな体積の部屋を使用することができます。考えるときに、大きな空間は気持ちいいとか、天井高の低い空間は落ち着けるなどの感性が重要になります。

 ですが、留学生の私にとって、一番難しいのは空間を把握することではなくて、日本の住まいの特徴を理解することです。違う国には違う居住の特徴やライフスタイルがあって、やっぱり日本も独特のライフスタイルを持っていると思います。留学生は長い時間日本で生活した経験もないですし、住まいの文化や歴史の詳しい研究を行っているわけでもないですから、最初に設計するといつも日本の学生達と大きく違う所があります。私にとってはそれが最大の苦労でしたが、最大の収穫でもありました。
 
 ココラボの研究は終わりになりますが、私たちはたくさんの考えを学ぶことができました。今後の設計を考えるとき、“1.5階”の経験が、違う可能性を開くかもしれません。“1.5階”がさらにいい形で使えるかもしれませんね。それもココラボ研究の意義の一つだろうと思っています。

みなさんありがとうございました!

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー
舟久保研究員
コスモスイニシア
舟久保研究員
「腰周りが順調に増え、スーツがどんどんきつくなってます。。。」
プロフィールを見る
池田 健太郎
池田 健太郎
「好きなお茶は杜仲茶、好きな緑はオリーブグリーンです。」
プロフィールを見る
寺崎 雅彦
寺崎 雅彦
「今回の提案は約80㎡ですが、現在自分の家は17㎡しかありません。」
プロフィールを見る
アン・トゥー
アン・トゥー
「日本で多くのことを学び、ベトナムに持ち帰りたいです。」
プロフィールを見る
西島 光輔
西島 光輔
「9月からポルトガルに留学します。日本の家とポルトガルの家って全然違うんですよ。」
プロフィールを見る
服部 一晃
服部 一晃
「今年の末からパリで勉強を始めます。日本食が恋しくなりそうです。」
プロフィールを見る
森田 悠詩
森田 悠詩
「ホットはスタバ、アイスはドトール派です。」
プロフィールを見る
ユ・ファンシー
ユ・ファンシー
「背が低いのですが、バスケットボールが好きです。」
プロフィールを見る