cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう1.5階の家
ココラボ最新テーマ
このブログに関する
コメントをお寄せください!
あなたも、ぜひ研究に参加してください。研究へのご感想やご意見、アイデアなどをお聞かせください。
<< November,2007
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
10月10日  池田健太郎 All   第5回「開かれた家(1.5階の集合住宅)」 
1.4mというクセモノ

こんにちは、池田です!
イタリアから帰国し、めっきり秋になった東京で時差ぼけに苦しんでいます!

僕たちは0.5階の高さを、1.4mとして設計してきました。
1.4m以下の高さの空間は、容積率には換算されないからです
つまり、1.4mの空間を多く作れば作るほど、床面積をたくさん増やせてオイシイわけです。

ところがこの1.4mの空間がクセモノです。

頭の上に高さ1.4mの広い空間を作ると、「そこに登って入り込む」のが大変になります。はしごだと途中で頭を低くしなければなりません。
そこで僕たちの考えたアイデアは、踊り場プランのように徐々に高くなる床を経ながら1.4mの空間に登る方法です。ただし、あまり広い1.4m空間を作れないという問題が残りました。

足元に1.4mの空間を作ると、登る手間は省けます。
しかし広く作った場合、奥が暗くなるという問題が生じます。
そこでの解決方法が、南庭プランのように向こう側に窓を作る、穴蔵プランのように寝室として使う方法です。

特に穴蔵プランは、各個人スペースが吹き抜けを持っているとも言えますし、1.4mの空間を多く使いながら大きな1室空間を作っていると言えます。

1.4mというクセモノに対して、以上のようにいろいろ考えることになりました。
みなさんのご意見、アイデアをお待ちしております!

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー
舟久保研究員
コスモスイニシア
舟久保研究員
「腰周りが順調に増え、スーツがどんどんきつくなってます。。。」
プロフィールを見る
池田 健太郎
池田 健太郎
「好きなお茶は杜仲茶、好きな緑はオリーブグリーンです。」
プロフィールを見る
寺崎 雅彦
寺崎 雅彦
「今回の提案は約80㎡ですが、現在自分の家は17㎡しかありません。」
プロフィールを見る
アン・トゥー
アン・トゥー
「日本で多くのことを学び、ベトナムに持ち帰りたいです。」
プロフィールを見る
西島 光輔
西島 光輔
「9月からポルトガルに留学します。日本の家とポルトガルの家って全然違うんですよ。」
プロフィールを見る
服部 一晃
服部 一晃
「今年の末からパリで勉強を始めます。日本食が恋しくなりそうです。」
プロフィールを見る
森田 悠詩
森田 悠詩
「ホットはスタバ、アイスはドトール派です。」
プロフィールを見る
ユ・ファンシー
ユ・ファンシー
「背が低いのですが、バスケットボールが好きです。」
プロフィールを見る