cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう1.5階の家
ココラボ最新テーマ
このブログに関する
コメントをお寄せください!
あなたも、ぜひ研究に参加してください。研究へのご感想やご意見、アイデアなどをお聞かせください。
<< November,2007
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
9月15日  池田健太郎 All   第4回「1.5階の展開」 
「住宅+α」の可能性

みなさんBuongiorno(こんにちは)!
ローマに来て早くも1週間、うどんが恋しくなってきた池田です。

今日は、ローマで感じた『「住宅+α」の可能性』についてお話したいと思います。

もしも ふと家の中に全く知らない人が入ってきたら、かなり怖いですよね。
特に現代の都心生活者の僕たちは、庭先や玄関先に知らない人がいるだけでかなり緊張します。

しかし、家族以外の人々が使う場所が家の中にあることで、何か良い関係性が生まれることもあるのではないでしょうか。

例えば今日の昼ごはんで立ち寄った店は1階がピザ屋で、レジ裏の階段を上がると家族のリビングになっていました。ちょっとした炊事はピザ屋の厨房で行っているかもしれません。そんなお店でのランチはどこか家庭的で、焼きたてのピザがひときわ美味しく感じました。お店の人にしてみれば、住む場所と働く場所が隣り合っているという便利さもあると思います。

今週発表したSOHOプランでは0.5階の高さの境界を活用することで、「他人が家の中に入ってくる気まずさ」を解消しながら、「住む場所と働く場所が近接している」良さ引き出したいと考えました。
オフィスの部分はちょっとしたカフェとしても使えますし、0.5階分の階段の向こうを覗き見ようとしなければ、住宅のリビングが見えることはありません。
みなさんなら、こんな住宅でどんな生活を送りますか?
ご意見ご感想、お待ちしております!

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー
舟久保研究員
コスモスイニシア
舟久保研究員
「腰周りが順調に増え、スーツがどんどんきつくなってます。。。」
プロフィールを見る
池田 健太郎
池田 健太郎
「好きなお茶は杜仲茶、好きな緑はオリーブグリーンです。」
プロフィールを見る
寺崎 雅彦
寺崎 雅彦
「今回の提案は約80㎡ですが、現在自分の家は17㎡しかありません。」
プロフィールを見る
アン・トゥー
アン・トゥー
「日本で多くのことを学び、ベトナムに持ち帰りたいです。」
プロフィールを見る
西島 光輔
西島 光輔
「9月からポルトガルに留学します。日本の家とポルトガルの家って全然違うんですよ。」
プロフィールを見る
服部 一晃
服部 一晃
「今年の末からパリで勉強を始めます。日本食が恋しくなりそうです。」
プロフィールを見る
森田 悠詩
森田 悠詩
「ホットはスタバ、アイスはドトール派です。」
プロフィールを見る
ユ・ファンシー
ユ・ファンシー
「背が低いのですが、バスケットボールが好きです。」
プロフィールを見る