cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう1.5階の家
ココラボ最新テーマ
このブログに関する
コメントをお寄せください!
あなたも、ぜひ研究に参加してください。研究へのご感想やご意見、アイデアなどをお聞かせください。
<< November,2007
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
6月22日  服部一晃 All   第1回「1.5階×階段」 
山登り

0622blog.jpg

こんにちは。服部です。
C案「踊り場プラン」にたくさんの意見ありがとうございました。
C案、たいへん好評のようですね。こんな意見が寄せられています。

 C案の階段の置き方が一番、階段そのものの機能とゆとりを生みそうで、
 間取りのバランスも好きです。 40代

 具体的に生活パターンが描ける!
 階段がゆったりしていてちょっとしたくつろぎの場として使えそう。 女性  40代

みなさんのコメントで特に好評だった2つの点は、
階段の幅が広いことと、居座れる踊り場があること
前者は、A案B案よりも安全性が高いこと、後者は「景色のいいちょっとした場所」があることが魅力に繋がったのだろうと思います。

C案の階段のいいところを、もう少し見つけてみましょう。

まずは「ドラマチックな景色の変化」です。
C案の階段は折り返して頂上のベッドルームに向かいます。
山登り」に例えるとこんな感じでしょうか。

1合目(玄関から廊下を通ってリビングへ):南面の大きな窓から飛び込む眺望。
2合目(リビングに背を向け階段へ):上から子供たちの遊ぶ声が聞こえる。踊り場でちょっと休憩。
3合目(キッズスペース):子供の世界へ。北面窓が共用廊下を越えて反対側の景色を映す。
頂上(さらに折り返してベッドルームへ):眼下にキッチンやダイニング、その先に外の景色が広がる見晴し台。
なんだかわくわくしませんか?

もうひとつは「リビングと向き合う階段」です。
C案は他の案と違って、階段がリビングからまっすぐにのびています。
ですので、階段に座ったとき、自然に一家団らんの場に向き合うことになります。
きっと階段もリビングの延長として使われることでしょう。

さて、第1回「1.5階×階段」の3案について、みなさんにたくさんの意見を頂くことが出来ました。
来週はまとめの週として、この3案についてのアンケート集計や分析をしたいと思います。
コメントやアンケートはまだまだ引き続き大募集ですので、どうぞよろしくお願いします!

コメント (1)

C案、すごく好きです(^^)

最初は漠然といいプランだなって思ってましたが、階段の幅や居座れる景色のいい場所があることがすごく効果的だということを、ブログを読んで気が付きました。
ぐるっとまわって、物見やぐら的なベッドスペースから大きなまでの向こうを見たら、すごく不思議で気持ちのいい気分を味わえそうですw
みんなのお気に入りの場所になりそうですね。

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー
舟久保研究員
コスモスイニシア
舟久保研究員
「腰周りが順調に増え、スーツがどんどんきつくなってます。。。」
プロフィールを見る
池田 健太郎
池田 健太郎
「好きなお茶は杜仲茶、好きな緑はオリーブグリーンです。」
プロフィールを見る
寺崎 雅彦
寺崎 雅彦
「今回の提案は約80㎡ですが、現在自分の家は17㎡しかありません。」
プロフィールを見る
アン・トゥー
アン・トゥー
「日本で多くのことを学び、ベトナムに持ち帰りたいです。」
プロフィールを見る
西島 光輔
西島 光輔
「9月からポルトガルに留学します。日本の家とポルトガルの家って全然違うんですよ。」
プロフィールを見る
服部 一晃
服部 一晃
「今年の末からパリで勉強を始めます。日本食が恋しくなりそうです。」
プロフィールを見る
森田 悠詩
森田 悠詩
「ホットはスタバ、アイスはドトール派です。」
プロフィールを見る
ユ・ファンシー
ユ・ファンシー
「背が低いのですが、バスケットボールが好きです。」
プロフィールを見る