cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう1.5階の家
ココラボ最新テーマ
このブログに関する
コメントをお寄せください!
あなたも、ぜひ研究に参加してください。研究へのご感想やご意見、アイデアなどをお聞かせください。
<< November,2007
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
6月29日  森田悠詩 All   第1回「1.5階×階段」 
1.5階×階段

こんにちは。学校の設計課題が一段落し、はやくコルビュジエ展に行きたいと思う今日この頃です。

第1回「1.5m×階段」に対するたくさんのご意見ありがとうございました。
前回の記事にも書いたように段差がきっかけで想像力が膨らんだとの意見をいただきました。僕らも、子供たちが走り回ったり、階段にすわって下を眺めたり、普通のマンションではできない体験が生まれそうだと考えていました。
一方で子供が落ちたら危ない楽しそうなのだが現実的でないという意見もいただきました。これをもとに実際の生活がもっと具体的に想像できるようなプレゼン方法も考えていきたいと思います。

今回は住宅の段差というマイナス要素に感じてしまうものを、どのようにしたら生活に変化を与えるものになるかという視点で進めてきました。僕は、段差や階段は子供の大好きなものなのではないかと思っています。ちょっと高いところはいつもより背伸びした気分になれるし、少しでもお父さんお母さんの目線に近づきたいという気持ちが働くのかもしれません。僕自身、小さい頃椅子の上に立って親に飛びついて遊んだりしていました。子供の目線から見ると段差がある家は子供にとって遊びを見つける家かもしれませんね。

子供がたのしく遊ぶ家。それは家族全員が楽しく住める家だと思います。第2回ではテーマを「子供」とし、1.5層で子供と親がどのように楽しく暮らせるか見ていきたいと思います。ココラボメンバー全員、気持ちは十数年前の少年少女に戻ったつもりで7月もがんばっていきます!

コメント (4)

こんにちわ!

先日自転車を購入しました。
(少々高価な自転車を。。)

なんとも言えない気持ちよさ。
いつもより少し高い視線から、
いつもより少し早いスピードで、
いつもの街を走ってみると、
いつもは気づかないことがたくさんあることに気づいたり。。

そういう意味で、家の中の「段差」って良さそうですねー。
1段上がるだけで、視点にドラスティックな変化があるのは間違いない!
自転車の経験からいくと、視線の変化にスピードの変化が加わったらもっと面白い家になるかもしれませんね。

ぐるぐる回遊できる家には可能性がありそうです。
きっと1番危ないと言われるのでしょうけど。

ですが、危ないと思われるけれど、危ないからこそ楽しい。
という価値観は必ずありますよね。
危険性のあるところには必ずソソられる「何か」が潜んでる。そこにはドラマが待っている。
なんて私は信じてる。。

また楽しいブログ期待してます!

こんばんわ☆

ブログやコメントを拝見しました!
確かに子供のことを考えると危険だし怖いですよね。
私も小さい頃は背も低く、大人の目線ってどんなんだろうな~って考えたことがありました。やっぱり背伸びしたいし同じ目線に立ってみたいですよね!それを今回のテーマで叶えてくれてしかも子供は想像力や吸収力があるので一段と成長できそうですね♪
楽しみにしています!!

いい自転車うらやましいです!
うちの研究室でも最近自転車にはまっている友達がいて、早起きしては柏や船橋まで走っているようです。

回遊性とスピード感はたしかに現代の住宅でおもしろいきっかけを作り出しそうですね。

スリルが生み出す楽しさは僕も共感できます。しかし、危険だけど楽しいでしょ?という気持ちではありません。まして、住宅に危険性を持ち込んだ実験をしている訳でもないです。

僕たちは住宅という安全なフィルターの中でも、新しい発見ができそうな仕掛けをしたいと思ってこの研究に取り組んでいます。hhhhさんのように発見的に見てもらえると僕たちの努力も報われます。

これからも楽しい記事が書けるようがんばっていきます!

こんばんわ三つ星さん☆

自分にはまだ子供はいないので、小さい子はどんなところで遊びを見つけたり、逆にどういうところが危なかったりするのかを自分の経験から推測するしかありません。

そのような想像力を働かせて設計するのが大切なんだと思います。また自分に子供ができたら設計も変わっていくのかもしれませんね。

次回テーマもおもしろい案ができたので楽しみにしてください☆

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー
舟久保研究員
コスモスイニシア
舟久保研究員
「腰周りが順調に増え、スーツがどんどんきつくなってます。。。」
プロフィールを見る
池田 健太郎
池田 健太郎
「好きなお茶は杜仲茶、好きな緑はオリーブグリーンです。」
プロフィールを見る
寺崎 雅彦
寺崎 雅彦
「今回の提案は約80㎡ですが、現在自分の家は17㎡しかありません。」
プロフィールを見る
アン・トゥー
アン・トゥー
「日本で多くのことを学び、ベトナムに持ち帰りたいです。」
プロフィールを見る
西島 光輔
西島 光輔
「9月からポルトガルに留学します。日本の家とポルトガルの家って全然違うんですよ。」
プロフィールを見る
服部 一晃
服部 一晃
「今年の末からパリで勉強を始めます。日本食が恋しくなりそうです。」
プロフィールを見る
森田 悠詩
森田 悠詩
「ホットはスタバ、アイスはドトール派です。」
プロフィールを見る
ユ・ファンシー
ユ・ファンシー
「背が低いのですが、バスケットボールが好きです。」
プロフィールを見る