塚本研究室
ココラボテーマ

第5回
“もはや家具化された小さな部屋とその残余空間”

第1回
“もはやマンガ喫茶”

第2回
“もはやファミレス”

第3回
“もはや穴の開いた壁の集合”

第4回
“もはや家具の集合”

塚本由晴 助教授
(つかもと よしはる)
このプロジェクトを通して、
「つかう」と「つくる」の新しい関係が築けるのではないかと期待しています。

1965年
神奈川県生まれ
1987年
東京工業大学
工学部 建築学科卒
1987年
〜88年
パリ建築大学
ベルビル校(U.P.8)
1992年

貝島桃代とアトリエ・
ワン設立

1994年
東京工業大学
大学院
博士課程終了
同大学大学院
助教授、博士
(工学)建築意匠

「新しいモノの集まり方」
今回のプロジェクトでは従来の、人に対応して部屋を作りそこにモノが集まっていくという作り方ではなく、モノのレイアウトから場所を作り、人がそこをどう使って生活するかを考えていきます。その家では本に埋め尽くされた場所や家族みんなの巨大クローゼットのような場所、様々なモノが一同に見える場所や何も無い場所など、多用な環境が形成され、これまでの標準的なマンションのプランでは実現できなかったような生活現象が生まれます。
第5回ココラボテーマ
「住宅はもはや家具化された小さな部屋とその残余空間でも良いのではないか?」
舞台はマンションの1つの住戸です。

従来の住宅は、4人家族だから個室は3室必要、といったように
個人の数に対応して部屋が作られていましたが、
その個人というのは顔の無い抽象的なものでしかありません。
そのようなよくわからない個人を根拠にする代わりに
住宅の中に必ず現れてくるモノを根拠に作ったらどうなるかを考えてみましょう。

今回は家具化された小さな部屋とその残余空間で住宅をつくる提案です。

小さな部屋の中には大きなベッドとお風呂、キッチンが入っています。
これらの部屋を部屋として見ると小さいですが
家具として見ると通常のサイズよりもかなり大きく作られています。
大きな住宅ですら見かけないリッチなサイズです。
マンションのような小さな住宅においては
ベッドルームを大きくするとその部屋の中にまた廊下のような空間が発生してしまい
限りあるスペースがますます小さくなってしまいますが
ベッド自体を大きくすることで貴重なスペースを浪費すること無く
快適なベッドスペースをつくっています。

また小さな部屋はベッドやお風呂といったプライバシーを伴うモノを取り込んでいるので
余ったスペースはソファに座って外を見たり、壁面に映画を映したり、
食事をしたり、本を読んだりするような、共用の場所になっています。
それらの場所は斜め方向で繋がるように配置されているので
視覚的にも経験的にも大きな広がりが感じられるのではないでしょうか。

余った空間を活用してあなたはどんな場所をつくりますか?



全体図



ベランダ側から玄関方向を見通す
 
ソファから書斎方向を見る
 

リビングから食卓、キッチン方向を見る
 
平面

2006年のココラボのコメント受付は終了いたしました。
あなたの家族が“家具化された小さな部屋とその残余空間”の住宅に住むことになりました!!
Q.あなたはこの住戸を…
住みこなせる!! どちらかわからない… 住めるかどうか自信がない!!
※この質問は、最初の集計結果がご覧いただけます。

Q.それはなぜですか?
(例1)自分だったら○○に使う!!(例2)○○はどうなっているんだろう!?(例3)○○が不安だ!!


Q.あなたの性別は?

男 
Q.あなたの年齢は?

〜20歳 20代 30代 40代 50歳〜
Q.あなたの家族構成は?

1人 2人 3人 4人 5人〜

2006年のココラボのコメント受付は終了いたしました。