塚本由晴 助教授
(つかもと よしはる)
このプロジェクトを通して、
「つかう」と「つくる」の新しい関係が築けるのではないかと期待しています。

1965年
神奈川県生まれ
1987年
東京工業大学
工学部 建築学科卒
1987年
〜88年
パリ建築大学
ベルビル校(U.P.8)
1992年

貝島桃代とアトリエ・
ワン設立

1994年
東京工業大学
大学院
博士課程終了
同大学大学院
助教授、博士
(工学)建築意匠

「新しいモノの集まり方」
今回のプロジェクトでは従来の、人に対応して部屋を作りそこにモノが集まっていくという作り方ではなく、モノのレイアウトから場所を作り、人がそこをどう使って生活するかを考えていきます。その家では本に埋め尽くされた場所や家族みんなの巨大クローゼットのような場所、様々なモノが一同に見える場所や何も無い場所など、多用な環境が形成され、これまでの標準的なマンションのプランでは実現できなかったような生活現象が生まれます。
第3回ココラボテーマ
「住宅はもはや穴の開いた壁の集合でも良いのではないか?」
舞台はマンションの1つの住戸です。

従来の住宅は、4人家族だから個室は3室必要、といったように
個人に対応して部屋が作られていましたが、
その個人というのは顔の無い抽象的なものでしかありません。
そのようなよくわからない個人を根拠にする代わりに
住宅の中に必ず現れてくるモノを根拠に作ったらどうなるかを考えてみましょう。

第1回、第2回はモノの配置から住宅を考えていきましたが
今回は、住宅の中に壁を3枚並べて住宅内部を短冊状に分ける提案です。

ドアのような穴とマドのような穴を開けた大きな壁を並べました。

ドアのような穴は人が通る穴です。
マドのような穴は視線や空気、音、光などを通すための穴です。
大きなマドのような穴は人が通り抜けることもできます。

壁と穴の配置によって作られた環境にモノが入り、そこを人がどう使うか?
それがこの住宅の実験です。

この住宅では視線や光、風、音などは
玄関からベランダに向けて勢い良く抜けていきますが
人は壁に対して直行方向に抜けながら生活します。

この住宅ではどんな生活が可能でしょうか?



全体図


 
玄関側から見通す   ソファからキッチン方向を見る
 
 
玄関からテーブル、ソファを見る   平面