北山恒 教授
(きたやま こう)
集合住宅の「あたりまえ」を疑うことから始めよう
1950年
香川県生まれ
1969年
東京都立
戸山高校卒業
1976年
横浜国立大学
建築学科卒業
1978年

ワ−クショップ
設立 (共同主宰)

1980年
横浜国立大学
大学院修士課程
修了
1987年 横浜国立大学
専任講師
1995年 横浜国立大学
助教授
1995年 architecture
WORKSHOP
設立 主宰
現在 横浜国立大学
教授
日本女子大学
非常勤講師

「間合い」の調整が可能な集合住宅のあり方

私たちは、現代社会において「絆」は多様化してきており、ある決まった型におさめることはできないと考えました。そこで、「絆」をつくっている一つの要素として、「間合い」(親と子の間合い/隣人との間合い/地域社会との間合い/自然との間合いなど)を取りあげ、その「間合い」の調整が可能な集合住宅を提案したいと考えています。
その「間合い」を考えていく上で、1住戸のあり方だけでなく、集合住宅全体のあり方を変えていくことが私たちの狙いです。私たちは集合住宅の中の「共用部」に注目することから始めることにしました。
第5回ココラボテーマ
「みんなのえんがわ最終章」
〜集まって住まうということ〜

ココラボテーマ最終回となる今回は、第4回までで完成した「みんなのえんがわ」の総まとめ&ライフスタイル紹介です。

「新しい間合いをつくれる集合住宅」というコンセプトに基づき、ここまで「みんなのえんがわ」プランを提案してきました。

それまで全く知らなかった人たちと、非常に長い時間を集まって過ごすこと。
それには現代の暮らしならではの素晴しい可能性があるはずです。
人はみんな違う趣味を持ち、生活スタイルを持ち、家族を持っています。
そういう違う部分を家の中に隠してしまうのではなく、これからはもっと家の中から飛び出して交わっていくべきだと思います。

ただ、交わるということは建物が強要することでは決してなく、その幅を用意しておくことが重要で、それこそが私たちの提案した「間合い」の建築、つまり「えんがわプラン」なのです。

「みんなのえんがわ」とは、その時々で変化する今の人間の家族や他の人との関わりかたを、許容することができる集合住宅の在り方です。
今回は、具体的なライフスタイルに合った生活像をご紹介していきます。


[ライフスタイルバリエーション]
Aさん家族の場合「趣味ルーム付きタイプ」
Bさん家族の場合「ゆったりタイプ」
Cさん家族の場合「それぞれ独立生活タイプ」



さらに、習い事教室やオープンカフェなど、えんがわを上手に使うことで生まれるパブリックスペースも提案していきますのでお楽しみに。

「みんなのえんがわプラン」の可能性は無限大です。



第5回全体画像:えんがわを生かしてアレンジすればこんな使い方も可能です。




01.
えんがわを使ってコンサートも開けるかも…
02. Aさん家族の「趣味ルーム付きタイプ」(広さ75m2程度)
03. Bさん家族の「ゆったりタイプ」
04. Cさん家族の「それぞれ独立生活タイプ」

2006年のココラボのコメント受付は終了いたしました。
あなたの家族が、「みんなのえんがわプラン」〜集まって住まうということ〜に住むことになりました。
Q.あなたは、「みんなのえんがわプラン」での生活を・・・
想像できる!! 想像できるが、住みこなす自信がない・・・ 良くわからない。
※この質問は、最新の集計結果がご覧いただけます。
Q.それはなぜですか?
(例)集まって住まうことに対する新しい考えに共感できる!!
(例)外に広がる生活を体験してみたい!!
(例)むずかしいかも・・・



Q.あなたの性別は?

男 
Q.あなたの年齢は?

〜20歳 20代 30代 40代 50歳〜
Q.あなたの家族構成は?

1人 2人 3人 4人 5人〜

2006年のココラボのコメント受付は終了いたしました。