コスモスライフサポート

  • 文字サイズ

医療・健康サポート

健康を守る。万一に備える。
今も将来も安心のサポート体制を整えています。

■株式会社コスモスイニシア R&D事業本部シニア事業推進部長 株式会社コスモスライフサポート 取締役 十川存夫雄

より長くアクティブに活動できるよう、
多角的なサポートとサービスをお届けします。

シニア向けの分譲マンションにとって、
医療や健康面でのサポートは必要不可欠。
ご入居者の方々の健康管理や万一に備えてどのようなサービスを
提供するのか、取締役の十川存夫に聞きました。

■株式会社コスモスイニシア R&D本部シニア事業推進部長
 株式会社コスモスライフサポート 取締役 十川存夫

そがわもりお■プロフィール/徳島県出身。株式会社コスモスイニシアで20年以上にわたり、分譲マンションの企画・販売、賃貸マンションの管理・運営を行う。2014年7月よりシニア事業課にてアクティブシニア向け分譲マンションの販売・運営準備を推進。

棟内クリニックや健康維持プログラムをはじめ、みなさまの健康や将来的な安心にも配慮。

「医療環境の整備」、「健康維持プログラム」、そして「将来への備え」を3本柱として、ご入居者のみなさまの健康をサポートしてまいります。例えばグランコスモ武蔵浦和では、マンション内にクリニックを誘致し、ご入居者のみなさまが電話予約で診療を受けられるシステムや、ご要望に応じて健康に関する不安や悩みにお応えする健康相談プログラムなどを実施しています。 また、我々スタッフがマンション内に常駐し、万一の際にお電話をいただければ24時間いつでも駆けつけいたします。ご希望の方は予めかかりつけ医や服用している薬などをお伝えいただき、万一の際は医療機関に申し送りをして速やかに対処できるようにしています。
健康維持プログラムとしましては、より長く健康でアクティブに活動し続けられる体づくりをめざして、棟内での健康支援プログラムや、歯科検診などを行っています。さらに将来への備えとして、介護施設や医療機関と提携し、必要に応じて訪問介護ステーション、ケアマネージャー、介護施設などをご紹介する体制を整えております。

安心を支える3本の柱

事例紹介 「グランコスモ武蔵浦和」の場合

JR「武蔵浦和」駅徒歩4分、総戸数160戸のアクティブシニア向け分譲マンション「グランコスモ武蔵浦和」では、
マンションの1階に内科・小児科・皮膚科のクリニックが開院。
ご入居者のみなさまに予約診療システムや月1回の個別健康相談プログラムを実施します。


■医学博士 塩沢 克史氏

「グランコスモ武蔵浦和」にご入居されるみなさまを、
医療面からサポートします。

ここ武蔵浦和の地にクリニックを開院して20数年、内科・小児科の診療を行ってきました。その間、駅前を中心とする街並みの変遷を見つめてきましたが、その変貌ぶりには驚かされるばかりです。今回、「グランコスモ武蔵浦和」内に新しくクリニックを開院し、医療面からのサポートをさせていただくことになりました。社会の高齢化に伴い、元気に暮らせる“健康寿命”を延ばすことが重要視されている昨今、みなさまの健康を支える一助となり、少しでも安心をお届けできればと思っております。

■医学博士 塩沢 克史氏

しおざわ かつふみ■プロフィール/仙台市出身。順天堂大学医学部卒業。平成5年、武蔵浦和に「塩沢クリニック」を開院し、院長を務める。趣味はマラソン、山登り、陶芸、園芸、読書、料理など。

■診療のご案内

診療科目:内科、小児科、皮膚科  診療時間:午前9時〜12時 午後3時〜6時(水、土は午前中のみ)
休診日:日曜日、祝祭日