耐震工事

東京都の「耐震化アドバイザー」に選任されたコスモスイニシアが
的確な工事を提案し、安心と安全を創出します

入居者の安心・安全を守ることは、不動産オーナーの大きな責任のひとつです。コスモスイニシアでは、耐震診断を実施し、問題がある場合には建築基準法によって定められた現在の耐震基準に適合するよう、耐震工事を行います。個々の物件に合った工法を紹介し、施工まで確実にサポートいたします。退去せずに行える工事案など、入居者に配慮したご提案も可能です。*コスモスイニシアは、公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンターと「緊急輸送道路沿道建築物の耐震化支援業務に関する協定」を締結し、東京都の「耐震化アドバイザー」として選任されました。耐震化アドバイザー制度は、2011年3月に公布され、2012年4月から耐震診断が義務化された「東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例」の対象物件(約5,000棟)の耐震化を促進する制度で、対象となる建築物の所有者さまや分譲マンションの管理組合さまからの耐震に関する相談希望に対応し、東京都が耐震診断技術者等の無料派遣を実施するものです。

1981年5月31日以前に建築確認を受けた建築物は、
耐震診断の必要性があります

耐震基準は、大きな地震が発生する度に改正されてきました。現在の新耐震基準は1981年6月1日に制定されており、その前日以前に建築確認を受けた建物は旧耐震基準となるため耐震診断や耐震工事の必要性があります。また、1981年の建築基準法大改正後も小規模の改正が繰り返されており、耐震基準は年々厳しくなっているのが現状。入居者さまを抱える不動産オーナーのみなさまの、耐震性への関心も年々高まっています。

耐震基準の変遷と耐震診断が必要な建物