コンバージョン(用途変更)

既存の建物を立地や時代に合った用途に変更し、
収益をアップさせる選択肢です

同じ用途のまま改良するリフォームやリノベーションとは違い、たとえば住宅をオフィスに、駐車場・倉庫を店舗に変えることで、空室を解消したり収益を向上させたりして物件の新たな価値を創出します。立地や時代によっては、用途を変えずに改良しただけでは収益改善につながらないケースも少なくありません。近年では介護施設など、時代の要請に応えた施設へのコンバージョンもみられます。また、有効な既存建物の再利用という点で、社会的にも大きな意義があるものです。

コンバージョンによるバリューアップ事例
  • オフィスビル事例 1


    住居として使用されていた特殊な間取りの3,4階部分を、デベロッパーのノウハウを駆使し事務所に用途変更することで収益性の向上を図りました。

  • オフィスビル事例 2


    本物件は、建物診断を行った結果、建物全体として容積率に余裕があることがわかったため、1階の駐車場と倉庫(未利用)部分を店舗用に改装。診療所に用途変更して収益性の向上を図りました。