知らないと損する? 相続税を軽減するために「いま」やっておくべき節税対策

不動産による節税対策は、相続発生前にしておくことが必要です。

相続税節税のカギは、
「不動産」を活用すること。

相続財産の半分以上を占める不動産は、評価や活用の方法によって、大幅な節税が可能に。

相続税の節税は、「財産を減らすこと」と「評価を下げること」の組み合わせがポイントです。不動産を活用すると、たとえば、経営している賃貸マンションを贈与して、家賃収入が現金財産として残ることを回避できたり、土地に賃貸不動産を建てることで評価を下げたりと、さまざまな方法を組合わせて大幅な節税が実現可能になります。

不動産を活用した6つの節税方法
    贈与
  • 自宅を配偶者に贈与

    婚姻20年以上の配偶者には、2,000万円(暦年贈与を合わせると2,110万円)まで無税で贈与できます。

  • 不動産を子どもに贈与

    家賃収入が被相続人の現金財産として残ることを回避でき、さらに子どもの納税資金にもなります。

    購入
  • 現金で不動産を購入

    現金で持っているよりも、不動産に換えたほうが評価が下がります。また、現金が減ることで財産が減るため、二重の節税対策になります。

    資産組換え
  • 土地を売却して賃貸不動産に買換え

    利用価値の低い土地は売却し、収益性のある賃貸不動産に組換えれば、資産価値を高めつつ評価を下げられます。

    土地の有効活用
  • 土地に賃貸不動産を建設

    収益を生みながら評価を下げられます。また、相続人が複数の場合は、土地に複数棟を建てることで分けやすい財産となります。

    法人化
  • 賃貸不動産の管理会社を設立

    賃貸経営は、個人よりも法人の方が税制上のメリットが多くあります。また、配偶者や子どもを役員とすることで、家賃収入による財産の増加を回避できます。