COLUMN

さまざまな発想の転換、変化への対応

—不動産関連以外の領域で、ビジネスモデルの見直しや変化の例として、須田さんが注目されていることは何かありますか?

須田:
成功したビジネスモデルの例をいくつか挙げますと、まずひとつは近年の雑貨ブームです。どこに行っても雑貨屋があり、そこには「これは一体何に使うのか?」というものが売っています。そのうちのひとつに「こころふせん」というものがあるのですが、ご存知ですか?
走内:
いえ。どのようなものなのでしょうか?
須田:
名古屋にある紙屋さんが作っている製品なのですが、熨斗のデザインになっているもので、「ありがとう」とか「おつかれさま」とか一言メッセージが付いているんです。同僚に仕事の手伝いを頼んで、お菓子か何かをお礼に渡すとき、「ありがとう」のメッセージがついたその付箋をつけて渡す、疲れて帰社した同僚に「おつかれさま」の付箋をつけてお茶を出す。そんな使うシチュエーションをイメージして作られた商品なんです。
走内:
それは気が利いていて面白いですね。

須田:
このような発想の商品は一昔前では売れなかったかもしれないモノなんです。
走内:
そうですね。熨斗はあくまでも儀礼的なもののイメージが強く、カジュアルに使うという発想はメーカーにも、利用する側にもありませんでした。
インバウンドのお客さまを迎えるホテルでも同じことが言えるかもしれませんね。日本に来る人すべてが帝国ホテルに泊まるわけでもなければ、みながみな、ビジネスホテルに泊まりたいわけでもありません。豪華なホテルに泊まることを旅のハイライトにする人もいれば、観光や買い物にお金をかけるために宿泊にかかるコストはなるべく抑えたいと思う人もいます。さまざまなニーズがあり、それをキャッチしていくことが大切ですね。
須田:
北海道のニセコが今、外国人観光客に大変人気があって、とても賑わっているんです。そこで、外国人観光客向けのサービスとして、着物を着て街を歩くというものを打ち出したのですが、これがさっぱり人気がなく、結局サービスをやめたということがありました。外国人観光客にしてみると、「ニセコに来てやりたいのはそれではない」なんです。場所が京都だったら、そのサービスは需要があったかもしれません。
走内:
的確なマーケティングが重要になってきますね。
須田:
そうです。これもまた一つの例ですが、昨今、書店の減少が著しいですよね。もはや本を売っているだけでは商売になりません。そこで新しい書店の形として生まれたのがカフェとの一体型の店舗です。
走内:
TSUTAYAさんでもそのような店舗を展開しています。ニーズの変化に対応したビジネスモデルということですね。
須田:
ほかにも、雑貨屋との一体型の書店もあります。こういった店舗も、地域性により成功するか失敗するかが変わってきます。マーケットのニーズに対応できていれば成功する可能性も高まります。どのような要素を組み合わせればこの地域に合致するのか?というリサーチとマーケティングが非常に重要です。ニーズに合致しない場所に出店しても成功は見込めません。
走内:
時代の流れや社会課題・お客さまニーズを的確に読むことが不可欠ですね。当社では、先ほどご紹介したホテル事業に加え、アクティブシニア向けのマンションや共同出資型不動産等、新しい事業に積極的にチャレンジしています。というのも、新規事業のアイデアを従業員から募り、そのアイデアが実現可能かどうか精査し、採用するという取り組みに力を注いでいるんです。

経済ジャーナリスト

須田慎一郎

  • プロフィール
  • 経済ジャーナリスト。1961年、東京生まれ。日本大学経済学部卒。
  • 経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリスト転身。
  • 「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続けるかたわら、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。
  • 平成19年から24年まで、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務める。政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。
  • 著書
  • 『偽装中流 中間層からこぼれ落ちる人たち』KKベストセラーズ、2016年1月
  • 『アベノミクスが激論で解けた!』小学館、2013年4月
  • 『金融資産は今すぐ現金化せよ』KKベストセラーズ、2008年
  • 『ブラックマネー』新潮社、2008年

株式会社
コスモスイニシア


走内 悦子

  • プロフィール
  • 株式会社コスモスイニシア 執行役員、ソリューション本部 副本部長。
  • 1986年、旧・(株)リクルートコスモスに入社後、新築分譲マンション・戸建ての開発・販売事業、中古マンションの流通事業、投資用不動産の仲介・賃貸・コンサルティング事業等、同社の全事業に携わる。
  • 保有資格
  • 宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター